2014年8月3日日曜日

心情は神の性相の最も核心となる部分であって、「愛を通じて喜ぼうとする情的な衝 動」である。ID:puli5i。

統一思想より!
心情とは何か
    心情は神の性相の最も核心となる部分であって、「愛を通じて喜ぼうとする情的な衝 動」である。
心情のそのような概念を正しく理解する助けとなるように、人間の場合を例として説明する。
   人間は誰でも生まれながらにして喜びを追求する。喜ぼうとしない人は一人もいないであろう。人間は誰でも幸福を求めているが、それがまさにその証拠である。そのように人 間はいつも、喜びを得ようとする衝動、喜びたいという衝動をもって生きている。それにもかかわらず、今日まで大部分の人々が真の喜び、永遠の喜びを得ることができないでいることもまた事実である。
    それは人間がたいてい、金銭や権力、地位や学識の中に喜びを探そうとするからである。それでは真の喜び、永遠な喜びはいかにして得られるであろうか、それは愛(真の愛)の生活を通じてのみ得られるのである。愛の生活とは、他人のために生きる愛他的な奉仕生活、すなわち他人に温情を施して喜ばせようとする生活をいう。

心情は情的衝動である 
    ここで「情的な衝動」について説明する。情的な衝動とは内部からわきあがる抑えがたい願望または欲望を意味する。普通の願望や欲望は意志で抑えることができるが、情的な衝動は人間の意志では抑えられないのである。
    われわれは喜ぼうとする衝動(欲望)が抑えがたいということを、日常の体験を通じてよく知っている。人間が金をもうけよう、地位を得よう、学識を広めよう、権力を得ようとするのも喜ぼうとする衝動のためであり、子供たちが何事にも好奇心をもって熱心に学ぼうとするのも喜ぼうとする衝動のためであり、甚だしくは犯罪行為までも、方向が間違っているだけで、その動機はやはり喜ぼうとする衝動にあるのである。
    そのように喜ぼうとする衝動(欲望)は抑えがたいものである。欲望は達成されてこそ満たされる。しかるに大部分の人間にとって、喜ぼうとする欲望が満たされないでいるのは、 喜びは愛を通じてしか得られないということが分かっていないからである。そして喜びが愛を通じてしか得られないのは、その喜びの根拠が神にあるからである。

神は心情である
   神は心情すなわち愛を通じて喜ぼうとする情的な衝動をもっているが、そのような神の 衝動は人間の衝動とは比較にもならないほど抑えがたいものであった。人間は相似の法 則に従って、そのような神の心情を受け継いだので、たとえ堕落して愛を喪失したとして も、喜ぼうとする衝動はそのまま残っている。ゆえに、情的な衝動を抑えることは難しいのである。
    ところで神において、喜ぼうとする情的な衝動は、愛そうとする衝動によって支えられて いる。真の喜びは真の愛を通じなければ得られないからである。したがって、愛そうとする衝動は喜ぼうとする衝動よりも強いのである。愛の衝動は愛さずにはいられない欲望 を意味する。そして愛さずにはいられないということは、愛の対象をもたずにはいられな いことを意味する。
   そのような愛の衝動によって喜ぼうとする衝動が触発される。したがって愛の衝動が一 次的なものであり、喜びの衝動は二次的なものである。ゆえに愛は決して喜びのための 手段ではなく、ただ無条件的な衝動なのである。そして愛の必然的な結果が喜びである。 したがって愛と喜びは表裏の関係にあり、喜ぼうとする衝動も実は愛そうとする衝動が表 面化したものにすぎない。
    ゆえに神の心情は、「限りなく愛そうとする情的な衝動」であるとも表現することができる。 愛には必ず対象が必要である。特に神の愛は抑えられない衝動であるから、その愛の 対象が絶対的に必要であった。したがって創造は必然的、不可避的であり、決して偶発的なものではなかった。 

2014年7月30日水曜日

三数は、天の数で、四数は、地の数と言われます。 神様の創造を数字で単純に表せば、二数(二性性相・二段階・二重目的など二数)で創造して、三数完成になっています。

創造原理より
「万有原力と授受作用を中心として、神と被造物に関することを、具体的に調べてみることにしよう。神はそれ自体の内に永存する二性性相をもっておられるので、これらが万有原力により相対基準を造成して、永遠の授受作用をするようになるのである。この授受作用の力により、その二性性相は永遠の相対基台を造成し、神の永遠なる存在基台をつくることによって、神は永存し、また、被造世界を創造なさるためのすべての力を発揮するようになるのである。
また、被造物においても、それ自体をつくっている二性性相が、万有原力により相対基準を造成して、授受作用をするようになる。また、この授受作用の力により、その二性は相対基台を造成し、その個性体の存在基台をつくって初めて、その個性体は神の対象として立つことができるし、また、自らが存在するためのすべての力をも発揮できるようになるのである。

*正 分 合 作 用
万有原力によって、神自体内の二性性相が相対基準を造成して授受作用をするようになれば、その授受作用の力は繁殖作用を起こし、神を中心として二性性相の実体対象に分立される。このように分立された主体と対象が、再び万有原力により、相対基準を造成して授受作用をすれば、これらは再び、合性一体化して、神のまた一つの対象となる。このように、神を正として、それより分立して、再び合性一体化する作用を正分合作用と称する。

*四 位 基 台
このように、正分合作用により、正を中心として、二性の実体対象に立たされた主体と対象と、またその合性体が各々三対象目的を完成すれば、四位基台を造成するようになる。
四位基台は四数の根本であり、またそれは、三対象目的を完成した結果であるので、三数の根本でもある。四位基台は正分合作用によって、神、夫婦、子女の三段階をもって完成されるのであるから、三段階原則の根本となるのである。四位基台は、その各位を中心として、各々三対象となるので、これらを総合すれば十二対象となる。ゆえに、十二数の根本ともなるのである。また、四位基台は、創造目的を完成した善の根本的な基台でもあるので、神が運行できるすべての存在と、またそれらが存在するための、すべての力の根本的な基台ともなる。したがって、四位基台は、神の永遠なる創造目的となるのである。」
これは、原理講論の内容です。
次に、数字で考えると、
「四位基台は四数の根本であり、またそれは、三対象目的を完成した結果であるので、三数の根本でもある。
四位基台は正分合作用によって、神、夫婦、子女の三段階をもって完成されるのであるから、三段階原則の根本となるのである。
四位基台は、その各位を中心として、各々三対象となるので、これらを総合すれば十二対象となる。
ゆえに、十二数の根本ともなるのである。
また、四位基台は、創造目的を完成した善の根本的な基台でもあるので、神が運行できるすべての存在と、またそれらが存在するための、すべての力の根本的な基台ともなる。
したがって、四位基台は、神の永遠なる創造目的となるのである。」
いろいろな数字が出て来ます。
三数、四数、十二数  …。
全てが、二重目的になっていると言われるように、神様の創造を数字で考えると、単純・シンプルでありながら、複雑になっている事がわかります。
三数の神様
三数 (三段階) 完成の時に四位基台を完成させて、四数、十二数…
「四位基台は、神の永遠なる創造目的となるのである。」
三数は、天の数で、四数は、地の数と言われます。
神様の創造を数字で単純に表せば、二数(二性性相・二段階・二重目的など二数)で創造して、三数完成になっています。
気がつけば、理解出来れば、数字で考えると面白いです。
(勿論、私も、全て理解しているわけではありませんが、このように、書くことで、新たにきずく事が沢山あります。)
神様に感謝します。
これからは、今まで以上に、私自身、神様の心情を中心に物事を考えることができように成りますように!
祈ります。
「神様の真の愛を相続しょう!」
真の愛を相続出来るように祈ります。
神様、真の父母様!

よろしくお願いします。

2013年8月10日土曜日

「天地人真の父母定着実体み言宣布」 ■「天地人真の父母定着実体み言」宣布の意味より、み言一部抜粋!


聖書を見ると、神様に対する名称も、「ヤハウェ」、「エロイム」、「エロイ」、「神様」など多様です。 イエス様は神様を「父」と呼びましたが、これはユダヤ人がイエス様を迫害することになる決定的な原因の一つになりました。旧約と新約に出てくる神様の名称 にはそれぞれ違う意味があるように、「天地人真の父母」という名称も、私たちが以前に使用した「真の父母」、「天地父母」という名称とは明確に違う意味が あるのです。摂理的進展にしたがって、真の父母様の位相(位置や様相)が変遷してきたのであり、それに伴って呼称も変わってきたのです。したがって、「天 地人真の父母」というのは、単純に神学的、教理的な用語であるというよりも、人類の父母である神様と真の父母様の姿を明確に表してくれる摂理史的用語なの です。

■「天地人真の父母」の意味
2001年1月13日に、神様王権即位式がついに挙行されます。神様を解放なさったのです。このような基台の上で、以後、祝福家庭王(2003年)、天地 人父母(2003年)、平和の王(2006年)、万王の王(2009年)の即位、戴冠式を挙行しながら、摂理的な位相を拡大させてきました。神様の王権を 中心とした新しい摂理時代が開幕し、創造本然の新しい秩序が定着する基盤とともに、「天地人真の父母」が宣布されました。すなわち、神様の王権が歴史の中 で、この地上に実現する新しい時代が出発したのです。初めて神様が解放され、創造主としての神様、人類と父子の縁を結んだ父母としての神様の位相を取り戻 されたのです。
「天地人真の父母」には、神様と真の父母様の最も本質的な規定が入っています。神様は、霊界と肉界、天と人間と万物の天地人すべてが総合された現存的真の 父母です。創造主としてのみ、いらっしゃるのではなく、この地に実体化した、王権をもった人類の父母としての位相をもっていらっしゃるのです。「天地人真 の父母」というのは、このような神様の本質が、真の父母様を通してこの地に実体化された位相を表す名前なのです。このように「天地人真の父母」というの は、ただ意味もなく現れた名前ではなく、摂理的な勝利の基台を積み重ねて現れた名前なのです。メシヤの基台から真の父母の道へ、真の父母の基台から天地父 母の道へ、天地父母から天地人父母へと発展し、今やついに天地人真の父母として定着したのです。

\(^o^)/感謝します。
天の祝福が、ありますように!

2013年8月7日水曜日

知って実践することによって、それが自分のものになるのです。み言です。神様の祝福が、ありますように!


 実力は、短い時間で備わるものではありません。すべてのことを経ていくことによって、実際に苦しんでみることによって、実力を錬磨することができるのです。皆さんが学校に行って勉強する目的は何かというと、人々が実践したすべての経験をそのまま受け継ぐためです。学ぶことによって、それをそのまま受け継ぐためのものが学校教育だということを知らなければなりません。そして、すべての人々の良い実績を受け継いで自分のものにするためには、それらを実際にやってみなければなりません。結局、知って実践することによって、それが自分のものになるのです。(二七-三〇三、一九七四・七・一四)

 本を持って壇上で教えることだけが教育ではなく、言葉一つ、行動一つがすべて教育です。女性の服装もそうです。統一教会は、女性が服を着ることも教育です。服装を見れば、自分たちの心と体の反映となり、体は必ず心の反映体なので、服装はその人の人格を反映するのです。(一四四-一七七、一九八六・四・二四)

 学校は、幼年時代から成長して成年になり、社会に進出するときまで教育するのです。大学は、学士、修士、博士コース、社会に進出する時まで教育するのであり、そして社会に出た人々を教育するのは言論機関です。これが破綻しています。今、言論機関が世の中で、自分たちを中心としてお金をもうけるために、あらゆることをしています。社会的な道義を世界に影響を与えるために立っている、という自負心をもたなければなりません。(二七〇-二八七、一九九五・七・一六)

2013年7月17日水曜日

再創造するためには堕落する前と同様の本然の立場、ゼロの立場に入っていかなければならないのです。文鮮明先生のみ言 訓読


 救いの道というものは、習慣的な生活を通しては得ることができません。
完全に蕩減の道を行かなければならないのです。
救いの摂理は復帰摂理であり、復帰摂理は再創造摂理です。
それゆえ再創造するためには堕落する前と同様の本然の立場、ゼロの立場に入っていかなければならないのです。


 そこには意識もないし習慣もないし、今の自分が持っている金氏とか李氏という姓もないのです。そういうゼロの立場に入っていかなければなりません。
天の創造本然の基準を考えると、創造された万物はすべてゼロから出発したのです。



 ところが人間が堕落することによって、あり得ないはずの内容が、天道に反するその内容が、今日の人間世界に満ちるようになったのです。
これを叩き出してしまわなければなりません。
より分けて捨てなければならないのです。
それは□だけではできません。
サタンの愛を中心としてサタンの生命、サタンの血統の因縁をもって様々な民族が歩んできた歴史的な文化背景を中心として、互いに異なる習慣性、あるいは風習が混じり合ってぎっしり詰まっているので、これをすっと取り出せないのです。



 それゆえ聖書に「死なんとする者は生きる」という言葉があるのです。
逆説的な論理が成立するのです。
死のうとしてこそ生きるのです。
自分の生命を投入しなければならないのです。
それでこのすべてを漂白し洗濯して、言い換えれば蕩減して、復帰しなければならないのです。
そのような過程が絶対に必要なのです。
堕落世界で所有していた習慣性とか罪悪性が残っていては、天との関係を結ぶことができません。(213-98)

\(^o^)/
ありがとうございます。
感謝します。
神様の恵みを感じる事が出来ますように祈ります。
ハッピー!
感謝します。

2013年7月7日日曜日

お酒は、悪なのか?タバコは… 基本統一食口は、禁酒禁煙!神様に感謝します。我らを神様守って下さい。よろしくお願いします。祈り

基本統一食口は、禁酒禁煙!
神様に感謝します。我らを神様守って下さい。
よろしくお願いします。祈り
統一食口は、天一国で暮らす!
天一国の憲法は、絶対です。もちろん、法・罪を犯せば、罰せられるという意味です。
日本国憲法は、変わります。国会・国会議員により決まります。
議員から選挙の話にはなりません。
流れ的には、… でも、わからない事には口を出すな!と言われそうなので、話を戻します。

天一国憲法に、お酒・タバコなどが入っているか?
入っている、いないが問題ではなく、
お酒が、つくられた、目的や動機は何かが、問題です。
神様が、お酒を作ったのではなく、
堕落した人間が、神様の真の愛を受けたいが、受けられなくなった、思いを酒を呑み、酔うことで、神様の真の愛を受けているように、勘違いさせている。

本来は、神様の真の愛に酔い生きるようになっていたのです。
動機が良ければ…と思うでしよう。
しかし、お酒の特許は、サタンが握ってますから、それを、神様に返せば、問題ないと思いますが、サタンがサタンであるために、人間を讒訴する、特許を はい と渡すと思いますか?思う人は、… 。

酒タバコは、一回で、即サタンの讒訴を受ける条件が、生まれます。
いつでも、サタンは、レッドカード天一国退場を言うことが出来ます。
堕落させることも… 。
他のことは、イエローカードで、三枚退場( もちろん例えです)
何回かの讒訴条件で、堕落させることが出来る違いがあります。

お酒は、自分とサタンの関係で神様は、関与出来ないと言うことです。
早い話、サタンに主管されると言うことです。
自己責任ですが、甘く考えない方が良いと思います。

神様に主管されるのならいいですが、

この話も、本当か嘘は、あなたが判断して下さい。

全てを神様に感謝します。
\(^o^)/
ありがとうございます。